スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告
出産バトン
2006 / 04 / 15 ( Sat )
Mother Leaf*のkaoさんから、久々のバトンが回ってきたので挑戦しますv(・∀・*)

生まれたてトーマ(o´艸`)
20060415195821.jpg


ここからスタートです↓

1.初のお産はいつ?何週目に出産しましたか?
2004年8月11日。
予定日が確か、7日だったので4日遅れの41週目。

2.お産の経過は?
うーんと・・・。
健診の時に先生が卵膜に傷をつけたようで、そのまま破水しちゃったのよね。
で、即入院。

予定外の破水だったので、無理やり促進剤を飲んで、風船入れたり、階段歩いたりさせられたわ。
入院して丸1日は全く陣痛が始まる気配もなくて、退屈で携帯でメールばっかりしてた。

母に

『お産が始まるとお腹がすくらしいから、おにぎりとかパンを買っといて!後ペットボトルのお茶も!』

って頼んで、とにかく食べものやら飲み物を揃えてもらった(笑)
ペットボトルにストローをつけれるやつを前もって買ってたんだけど、これが今思えば大活躍だったな。

結局、促進剤を使ってるときはあまり食べちゃいけないっていうんで食べれなかったんだけどね。

そして、次の日。
忘れもしない午後2時30分。

がこっ!!

って何かがはまる音がしたの。
これ、ほんとに。
その直後から陣痛が始まって、どんどんどんどん痛みが増していった。
5分おき、3分おきと縮まって、まだかまだかって待ち続けた。
腰が砕けそうに痛くて、布団を腰に巻きつけて、両端を握り締めて痛みの度にそれを引っ張った。
声にならない声でうめいて、ぜーぜーはーはー言ってた。

もう、思い出したくないくらい、本気で痛くて、とにかく謝ってた。
誰にというわけではなく、何かに『ごめんなさい!助けて!』って。

何かのバツかと、気を失って死んでしまうんじゃないかと思ってた。
3分おきの陣痛が始まったのが9時ごろ。
それが次の日の昼まで続いた。

子宮口の開きは7cmから進まず、結局このままじゃ母子ともにもたないかもしれないと、帝王切開の準備もされ、7cmのまま分娩台にあがることになった。

分娩台の上でいきみ続けて3時間。
とにかく喉が渇いて、水で喉を潤しながらいきんだ。
体力の限界というころに、やっと・・・全開。

吸引も手伝って、パツパツときられて、最後のいきみ。
午後1時41分。ついに誕生。

とにかく体力を使い果たしたので、感動も何もなく、終わった・・・って感じだったね。
で、生まれたての我が子を見ての第一声。

『で、でかい』

私だけじゃなく先生も看護婦さんもそういってたのは忘れないわ(笑)
4084g 57cmでした。

3.出産時間は?
記録してあったのは25時間。
破水してから3日後。

4.出産でイヤ!って思った事は
陣痛の痛み。
イヤ!というか、生んだ後、胎盤を取り出すのに先生が腕を肘くらいまで入れてたのにびっくりした。
産後、肝臓を壊して蕁麻疹が出たのもつらかった。

5.出産の際、どんなお産をしましたか?
いろんな意味で、大変なお産だったと思う・・・。
病院を退院してからも毎日注射に通わなきゃいけなかったし・・・。

帝王切開になるところだったけど、無理やり普通分娩で生んだ感じだし。
ま、でも、今思えば普通分娩でよかったかな。

6.名前をどう決めたか?由来は?
英語でも日本語でも発音しやすいものをってことで決めた。
うちの母の押しが強かったかな。

8.現在何人子供がいますか?
ひとり。
  
9.今後も子作りしますか?
相手ができればねぇ・・・。
でもまだまだ作る気はしないね~。

忘れたころにもう一人産んでみたいかな。

10.出産に対して一言
人生観変わった。
っていうか、これだけのことに耐えられたなら、今後どんなことがあっても生きていけると思ったよ。

あと、そばで助けてくれた母に感謝。


実は、トーマを産んですぐくらいにお産レポートをブログにも書いてるんだけど、今思い出すとまた違った感じがするね。

帽子を記念にもらったよw
20060415204111.jpg


それでは、子育て日記★赤ちゃんっておもしろいの杏&文’sパパ&ママさんにバトンを回しますので、よろしく~(o^∇^o)ノ
スポンサーサイト

テーマ:出産 - ジャンル:育児

21 : 01 : 46 | バトン | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。